クリプトメディア|びっとこちゃん

暗号資産(仮想通貨)情報発信メディア

LINK(リンク/LN)とは LINE Blockchain の暗号資産(仮想通貨)です。

\ 当サイトおすすめ仮想通貨取引所 /


bitFlyer Coincheck LINE BITMAX

"LINKのマーク"

LINK(リンク/LN)とは LINE Blockchain の暗号資産(仮想通貨)です。

LINK(リンク)とは、LINE Blockchainの基本となる暗号資産(仮想通貨)です。

LINE のサービスが成長するにあわせて利用者へサービス成長により得た利益を還元する目的で作られています。

LINEの暗号資産(仮想通貨)LINK の将来性

LINEを中心にさまざまなサービスで使用でき、広く普及することを目指しています。

特にメッセージアプリとしては言わずもがな国内No.1であり、LINE アプリゲームなどは非常に多くの利用者を抱えています。

すでに LINE ブロックチェーン上での NFT トークンを利用したゲームや電子署名のサビスも展開されており、NFT の世界的な需要の高まりから LINK も注目されており、2021年度に入ってその価値は上昇する一途です。

NFT の国内利用はこれからなので、LINE ブロックチェーンの利用は豊富な LINE ユーザを抱えることを背景に LINK 自体の活用も広がっていくと庵が得られます。

LINK は LINE BITMAX(ラインビットマックス)の暗号資産(仮想通貨)取引所でのみ

LINK の取扱単位はLNです。

現在日本で LINK の取り引きができるのは、LINE BITMAXのみになります。(※2021年3月現在)

LINKの特徴

LINE独自の暗号資産

LINK は LINE グループの LINE TECH PLUS PTE. LTD.が鋳造する LINE 独自の暗号資産(仮想通貨)です。

2018年9月に発行が開始され、2018年10月にグローバルで展開しているLINEグループの暗号資産取引所BITBOX(現BITFRONT)で取り扱いを開始しました。

総発行量は10億 LN で、そのうちの8億 LN がユーザーへのインセンティブとして、残りの 2 億 LN をリザーブとして、LINE TECH PLUSで管理されています。

LINK の発行は、2018年9月の発行開始から最初の3年間は1億LNとなっていますが、4年目以降の年間発行上限は、前年までの総発行済み数量に大して毎年5%ずつ増加していく予定です。※

LINEトークンエコノミーのために生まれた暗号資産

LINE は我々利用者が積極的に使うことで発展してきたメッセージングアプリです。

LINE の利用者に対して LINE 側から報酬が還元されるべき、という考えから、価値を伝達するブロックチェーン技術により、正当な報酬を還元できる仕組みの構築がなされました。

我々利用者が LINE サービス内の活動により、LINK や LINE ブロックチェーン上に作られたトークンを受け取ることができる仕組みの構築です。

LINE のアプリやゲーム、スタンプのような創作活動のサービスの成長により、そのトークンエコノミーが拡大し、「LINK」の需要が増えれば「LINK」自体の価値も上がっていきます。

LINE トークンを利用し、保持することで、利用者に対しても報酬が支払われる仕組み、インセンティブのために生まれたトークンが、LINE の暗号資産「LINK」です、

LINK の発行枚数

LINKは年間の発行上限が決められています。

  • 発行開始から最初の 3 年間:1 億 LN
  • 4 年目以降:前年までの総発行済み数量に対して毎年5%を上限
    おすすめ仮想通貨取引所