クリプトメディア|びっとこちゃん

暗号資産(仮想通貨)情報発信メディア

WBTC(Wrapped BTC)とはイーサリアム上で発行されるBTCトークンです。

20220110144859 Webブラウザ変えるだけで仮想通貨を稼げる!
Chrome や Safari の代わりに Brave ブラウザを使ってみよう

WBTC(Wrapped BTC)は、BitGo 社が提供するイーサリアム上でビットコイン(BTC) をトークン化し、イーサリアム上で BTC の活用を拡張する目的で開発されています。

BitGo は、発行する WBTC と同等量の BTC を保管しているため、WBTC の価値は BTC によって担保されています。

WBTC(Wrapped BTC)の利点・メリット

イーサリアム上のスマートコントラクトで様々なアプリケーション(dApp)が開発されることが可能となり、そのアプリケーションでの BTC を取り扱いニーズがあります。

しかし、イーサリアムのスマートコントラクトでは、イーサリアムブロックチェーン上のトークンしか扱うことができない、という特徴があります。

この特徴のため、イーサリアム上の dApp は直接 BTC を扱えません。

そこで、BTC をトークン化して WBTC を作り、dApp は WBTC を利用して BTC を間接的に扱うことをしています。

このように、WBTC はイーサリアムブロックチェーン上の dApp がビットコインブロックチェーン上の BTC を扱えるようにすることに最大の価値があります。

WBTC による流動性の向上

BTC は暗号資産(仮想通貨)の中で最も流動性の高い資産です。

その BTC が WBTC によってイーサリアムブロックチェーンに流れるためのブリッジを提供する役割を担っています。

    おすすめ仮想通貨取引所