クリプトメディア|びっとこちゃん

暗号資産(仮想通貨)情報発信メディア

【動画あり】Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)の使い方やり方を解説

20220110144859 Webブラウザ変えるだけで仮想通貨を稼げる!
Chrome や Safari の代わりに Brave ブラウザを使ってみよう

世界最大の仮想通貨取引所である BINANCE が Liquid Swap(リキッドスワップ)でビットコイン(BTC)の取り扱いを開始し、にわかに注目が高まっています。

Liquid Swap は DiFi の一種であり、分散型取引所(DEX)と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)を高度なサービスを提供できるように設計されています。

Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)とは

Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)の使い方やり方を解説

"BINANCE流動性スワップ"

今回は、インパーマネントロスを回避できるステーブルな BTC-WBTC 通貨ペアでの Liquid Swap による流動性の提供を行っていきます。

関連:WBTC(Wrapped BTC)とはイーサリアム上で発行されるBTCトークンです。

事前準備

  • Binance アカウント開設
  • Binance に BTC を送金

まで済ませて起きましょう。

アカウント開設方法や BTC の入金方法は以下の記事で詳しく解説しています。あわせてお読み下さい。

関連:BINANCE(バイナンス)のアカウント登録、口座開設方法をスクショ18枚で解説します。

関連:【スクショで解説】BINANCE(バイナンス)へビットコインを入金(送金)する方法

BINANCE の流動性スワップ画面に移動(Liquid Swap)

"BINANCE流動性スワップ"

BINANCE の口座にビットコインを用意できたら上部の [ ファイナンス ] → [ 流動性スワップ ] をクリックして「バイナンス流動性スワップ」の画面へアクセスします。

BINANCE Liquid Swap の流動性提供情報を入力する

"BINANCE LiquidSwap 流動性スワップ"

BTC / WBTC で流動性を提供する金額を入力します。

  • プールを選択:今回はビットコインステーブル通貨ペアの BTC / WBTC を選択します
  • 入金する通貨:BTC 追加を選択
  • 金額:今回流動性を提供する BTC の金額を入力します。

上記を入力して「追加」をクリックします。

バイナンスリキッドスワップの仕組みやリスクについてのクイズが出題されます。

BINANCE Liquid Swap Quiz 10 問に答える(バイナンスリキッドスワップクイズ)

リスクを十分に理解できていないと正解できません。

事前に動画や BINANCE ホームページで流動性スワップやイードルファーミングについて学んでおきましょう。

一応、出題された問題や答えは以下の記事にまとめておきました。(投資は自己責任が原則です。ちゃんと勉強してくださいねww)

関連:BINANCE Liquid Swap Quiz の問題と答え(バイナンスリキッドスワップクイズ)|びっとこちゃん|note

"BINANCE Quiz"

クイズに合格すると「追加」ボタンが有効化されます。

"BINANCE Liquid Swap"

ステーキングに関する確認を促されます。内容を確認して「承認」をクリックします。

"BINANCE Liquid Swap"

成功すると「追加しました」と表示されます。

"BINANCE LiquidSwap"

BINANCE Liquid Swap Profit(バイナンスリキッドスワップの報酬)

「私のシェア」のところで報酬の確認をすることができます。

BINANCE LiquidSwap で流動性を提供する手続きは以上になります。

Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)にはインパーマネントロスのリスクあり

インパーマネントロスとは、流動性を提供した通貨ペアの価格変動により、引き出した時に提供時よりも価値が減少してしまうことです。

通貨ペアのどちらかの価格変動によって発生してしまうもの。

回避策としては、BUSD-USDT などのステーブルコイン同士でのペアでの流動性提供を行うことです。

ただし、ステーブルコイン同士では報酬も低く設定されています。

逆に言うと、変動の激しい通貨ペアは報酬が 100 %、400 % などになっていますが、それだけインパーマネントロスのリスクが大きいためです。

参考:変動損失の説明 | Binance Academy

まとめ:BINANCE LiquidSwap で流動性提供は簡単にできる

イードルファーミングの代表的なサービスである Uniswap や PancakeSwap などはMetaMask を使い複雑な資金の移動を行わないと出来ません。

関連:【はじめてのDeFi運用】PancakeSwapのやり方をまとめました(年率40%)|パンケーキスワップ

それに比べて、BINANCE へ暗号資産(仮想通貨)を入れることができれば、かんたんに流動性の提供ができるのが、BINANCE LiquidSwap の一番の魅力です。

事前準備も「国内取引所アカウント」「BINANCEアカウント」「BINANCEへビットコインを入金する」のたった 3 つだけです。

関連:BINANCE(バイナンス)のアカウント登録、口座開設方法をスクショ18枚で解説します。

関連:【スクショで解説】BINANCE(バイナンス)へビットコインを入金(送金)する方法

この準備を行うだけで年率 3 - 10 % の運用が出来ます。

インパーマネントロスなどのリスクはありますが、十分試してみる価値があります。

ただし、投資には資産が減少するリスクはつきものなので、まずは少額からはじめて「流動性の提供」を行う間隔を身に着けていきましょう。

    おすすめ仮想通貨取引所