クリプトメディア|びっとこちゃん

暗号資産(仮想通貨)情報発信メディア

ビットコイン(BTC)とは?世界初のブロックチェーンを活用したデジタル・ゴールド

\ 当サイトおすすめ仮想通貨取引所 /


bitFlyer Coincheck LINE BITMAX

ビットコイン(BTC)のチャート

ビットコインとは?

ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。

分散型台帳を作る技術であるブロックチェーンを利用することで、公的な発行主体や管理者の裏付けなしにネットワークを介して価値の保存や移転を行える特長があります。

ビットコインは数ある仮想通貨の中で時価総額が最も大きいことから、仮想通貨の代表格と言っても過言ではありません。

ビットコインから分裂や派生した通貨も多く、仮想通貨の基軸となっています。

ビットコインは世界初のブロックチェーンを活用したデジタルゴールド

ビットコインは世界で初めてブロックチェーンを利用して開発された暗号資産(仮想通貨)です。

円やドルのように取り引きに使えることから「仮想通貨」と初期は呼ばれていました。

ビットコインの特徴

https://bitcoin.org/ja/

ビットコインは、中央当局や銀行を介さず、P2P技術を用いて運営されています。

トランザクションやビットコインの発行管理は、ネットワークによって共同で実行されます。ビットコインはオープンソースです。

つまり、ビットコインを所有し管理する者は存在せず、また、 誰もが参加できます。ビットコインには数多くのユニークな特徴があり、従来の決済システムを使用できなかった方々も、ユーザーになる事ができます。

  • 高速なP2P取引
  • 世界中で支払い可能
  • 安価な手数料

ビットコインの半減期と価格上昇タイミング

ビットコインは 4 年に一度、大きく価格上昇が起きるタイミングがあります。

「ビットコイン半減期」と言われるイベントでビットコインマイニング報酬が半分になるタイミングで起きます。

これは、ビットコインの発行枚数上限が 2,100 万枚と定められていて、徐々に発行枚数を減らしていく仕組みです。

2012 年に初めての半減期では、1 ブロックあたりの報酬が 50 → 25 BTC へ半分になりました。

2016 年では 25 → 12.5 BTC へ、2020 年には 12.5 → 6.25 BTC へ同じく報酬が半減されています。

このタイミングでビットコインの価格が高騰しています。

半減期サイクルの価格変動を意識したビットコイン投資が必要です。

関連:【バブル周期を知ろう】ビットコイン半減期はいつか?サイクルとチャートの見方

ビットコイン(BTC)の将来性

CRYPTO GLOBAL によると、米国では2021年に認定投資家の大多数がビットコインを購入する予定です。

参考:Survey: 74% of U.S. Accredited Investors ‘Likely to Invest’ in Bitcoin This Year|CRYPTO GLOBE

「2021年の暗号投資」報告書によると、

  • 87%:ビットコインについて聞いたことがあります。
    • その中の70%:前にビットコインに投資しました
    • その中の67%:アルトコインに投資しました。
    • その中の74%:来年ビットコインに投資する可能性があります
  • 67%:DEFIについて知っている
    • その中の 90%:DEFIに投資する可能性があります

このようにビットコインに対して投資することは大多数の投資家にとって株式や債権のように一般的になってきています。

今後ますますビットコインが購入され、需要が高まっていくことが予想されます。

発行枚数が2,100万枚と決められているため、ますます価値が高まっていくでしょう。

    おすすめ仮想通貨取引所